« 宮野真守「ストレンヂア」舞台挨拶レポ その3 | トップページ | 10/28ポケ声・・・ »

2007年10月28日 (日)

宮野真守「ONE」先行視聴会

SMILY☆SPIKY First Album 「ONE」視聴会に行ってきました。

雑誌やドラマの中でしか見た事のない録音スタジオというものに興味深々・・思ったよりも中は狭かったけど、目の前に本物のあの、音をチューニングする機材(あれがミキサー ? ?)を見て、なんか感動してしまった・・・

スタジオに入れるのは1回に12~3人くらいなので、4回に分けての実施でした。

あらかじめ、3曲の歌詞プリントが渡され、どれを誰が歌うのか、自分の中で予想するのもまた楽しかった。

案内、司会をしてくれた方、自己紹介がなかったけど、それぞれの歌に対するアピール、コンセプト、想いを、それぞれの曲を流す前に語ってくれたのですが、ほんとに今回の「ONE」を大事に愛してつくったんだなぁ・・・という想いが伝わってきて、それだけで感動でした。

1曲目「ONE」・・マモ&シュンリー

今回のスマスパアルバムのテーマとなる曲だそうです。
歌詞の内容は、「強く願う事を手にする為に迷う事無く進んでいこう、君は1人じゃない」みたいな、励ましSONGでした。
ちょっと切な気に始まるんだけど、途中からラップのリズムに変化・・・マモのソロ、シュンリーのソロが、掛け合いのように続く、いい感じのノリ。
そしてまた、切ないメロディに戻り、2人のデュオ・・・そしてまたラップ・・

2人の息もピッタリで、さすが ! !
とってもスマスパらしい曲でした。
最後マモのソロで「君はひとりじゃない」という歌詞で終わるのですが、これが、エコーかかってて最高のインパクトで、思わずイスから落ちそうになってしまいました。
マモの声は甘すぎる・・・・

2曲目「Angela」・・シュンリー

ちょっとスパニッシュ風のドラマのような曲でした。司会の方は「芝居性を持たせた」って説明してました。

3曲目「初恋」・・マモ

これは、司会の方が言うには、「こういう大音響の中で聴く曲ではなく、CDを聴く時には是非ヘッドホンで聴いてほしい曲です。普段アフレコで使わない音程(音域だったかな)も、使用しています。一対一で語りかけるイメージです」

と言う事で、、、聴きました。
歌詞の内容は「ほんとうに伝えたい想いはどうして素直に言えないんだろう。ただ愛してるって伝えたいのに・・・」みたいな、切なさ全開、泣きのメロディ全開の曲でした。
そして・・そして・・そして・・・とにかく・・・マモの吐息、吐息、吐息、吐息、、、、もうもうやばすぎて言葉がありませんでした。
歌詞が半分、吐息が半分で構成されたマモの甘甘ボイスが、切なさを悲しく訴えるように、囁きかけるようにメロディにのせてくる・・・あまりの甘さと切なさに、まじに気が遠くなりそうでした。

まさしく「宮野真守」の、何のキャラの縛りの無い「宮野真守」のボイスでの歌。高音でもない、低音でもない、自然な音域での耳元で囁かれているかのようなナチュラルボイス。
もう、ほんとに、これ、ヘッドホンで聴いたら、ダメかもしれない・・・マモの吐息と甘さと切なさと想いがやばすぎて・・

マモの声の魅力は、充分わかってたつもりだったけど、まだまだまだ甘かった。
私は、あまりにもマモの声が過ごすぎて、途中から目を閉じてしまいました。なんかもう、「マモの声を聴く聴覚以外の感覚は、全て閉じてしまえーーーっ ! ! ! 」って感じで。
近くにいたファンの子は、聴き終わった後、泣き崩れてました。。

素晴らしすぎて、美しすぎて、、なんかもう、胸、苦しかった。

CDきたら、呼吸困難覚悟で、ヘッドホンで聴くっきゃないって感じです。

一足先に、こんな風に雑音ひとつないスタジオの大音響で、マモの歌声を聴く事ができて、ほんとに幸せな想いを味わえたひと時でした。
早くCDほしい・・・

|

« 宮野真守「ストレンヂア」舞台挨拶レポ その3 | トップページ | 10/28ポケ声・・・ »

宮野真守 イベント・舞台関連 感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮野真守「ストレンヂア」舞台挨拶レポ その3 | トップページ | 10/28ポケ声・・・ »