« 少年ガンガン付録「ソウルイータープレミアムDVD」のマモ | トップページ | 9/21 ポケ声・・・ »

2008年9月21日 (日)

「月刊男前図鑑」創刊記念イベントのマモ

「月刊男前図鑑」創刊記念イベント、宮野真守の回に参加してきました。

ポニーキャニオンのイベントスペースという事で、150人くらいいたかな。前の10人ちょっとくらいの人には椅子があったんだけど、基本スタンディングでの参加でした。内容は、トーク50分くらい。

マモは、やっぱりというか、案の定というか、メガネをかけての登場でした。日曜なので、ゆるーく、ゆったりと、カフェにいる感じで、みんなと話しがしたいと思っていますと言ってた通り、最初から最後まで、ゆったりと落ち着いた喋りのマモでした。

「こんにちはーっ ! ! 伊達メガネ役の宮野真守です。よろしくお願いします」と挨拶。
進行役の人が、なんかいっぱいいっぱいという感じだったので、マモは「固い、固い、大丈夫ですか ? 」と、持ち前の優しさで、その場の緊張を和らげておりました。

マモ用に、椅子も用意されていたのですが、後ろの人が見えなくなるからと、マモはイベント中、ずーっと立ちっぱなし。マモの優しさを感じました。マモが「立ちカフェの感じでね。流行ってますもんね」と言った時、司会の人が「そうですね」と相槌を打ったのですが、「そんなの流行ってないでしょ。適当な相槌して~」と、いきなり突っ込んでました。

まずは自分が演じた役の紹介だったのですが、「伊達メガネ役と紹介されるのは初めてです。」と言った後、収録の時に、劇的にやってほしいと言われて、「ヘーッ」と思ったとか、一人芝居だったので、相手を想像しながらやりました、と言っていました。

その後は、他の男前図鑑の内容紹介と、声優さんの紹介。(以下、記憶曖昧部分、多々あり)
ダメダメメガネでほっしーの名前が出るなり「おっ、パッピー(笑)、最後チュウした ? 」
鬼畜メガネでは「チュウ以上って何ですか ? どんだけエロスだったか気になります」
もてないメガネでは設定聞くなり「ステキ、彰・・・・」と、つぶやいてました。そして、鬼畜系を演じてみたいと言っていて、「おいっ、貴様、廊下に立ってろ」とか「この、メス豚が・・」とかいろいろ頑張って言ってました。司会の人が、マモのセリフ聞く度に、それ、鬼畜じゃなくてただのセリフと言っているのも可笑しかった。
(なんか、マモのセリフ聴いている限り、どうもこっちの世界で言う所の (どっちの世界だよ ? ) 鬼畜という意味が、良くわからない感じでしたねー。そこがマモらしくてかわゆいんだけど)

王子様編
おのでぃの石油王子の、金持ちだけど心は寂しい、という設定を聞くなり、「ああ、金持ちだからこその悩みだな、、このバカ野郎が」と、ちょっとダークに言ってたのが私的にはうけてしまいました。
平川大輔の名前が出るなり、「お兄ちゃん ! ! 」と、反応。
王子シリーズは「大輔」でまとめたという説明を聞くと「なんで俺は大輔じゃなかったのか、大輔だったら呼ばれたのに。改名します。」 すかさず司会の人が「宮野大輔さんでした」と言うと「大輔です。。。。う~ん、複雑、違う人のイベントきちゃったみたい」と。

悪い男編
ホストがきーやんと聞くなり「あっ、悪い男ですねー。悪い男ですねー。ぴったり」と、連呼しておりました。
ハマケンさんの名前を聞くと「大佐のキッスー」、中井和哉さんの名前が出ると「ゾロ」。なんかもう、マモ、自由すぎ (笑)
それらに全く反応出来ていない司会の人も可笑しかったー。

年下編
会社で落ち込む先輩に「たまには俺に甘えてくれませんか」みたいな事を言うんだと説明されると、マモがいきなりそのセリフを甘い声で言っちゃいました。一瞬の事でドッキリでした。

先生編
スキーのインストラクター、森川智之 (司会の人がトモユキって言っちゃってました)
保険医、井上和彦。収録時、最高にダンディだったそうです。
考古学者、関俊彦。
日舞の家元、置鮎龍太郎 (司会の人がリュウタロウと言ったのをさり気にリョウタロウさんと言い直してました)。この人は関西弁で喋ると聞くと、大喜びのマモでした。

この後、CDでの後日談ということで、マモの生朗読。
「2人の仲は進展しないけど、最近は目が合うと笑ってくれるようになった。そんな笑顔を見てるとこっちの顔が火照ってしまって、伊達メガネしててもバレるのは時間の問題かも」みたいな内容でした。
マモの、優しくて、あったかくて、甘い朗読は、ほんとに最高でした。私的には、これが聴けただけで、来た価値充分ありなのでした。

質問コーナー
ここで、司会の人が何故か無言で台本をめくりだしてしまい、マモが「大丈夫ですか ? 繋ぎましょうか ? 」と、助け舟。司会の人は「お願いします」と言ったのですが、さて、マモが喋ろうとしたとたん、「さっ、では・・・」と、いきなり司会者が復帰。ずっこけるマモ、「なんでー ? ? 今から珠玉のすべらないヤツをやろうと思ったのにぃー」と残念そうに言うと「すみません、じゃ、すべらないヤツをお願いします」と、真剣に言っちゃってました。
もちろん、マモはやりませんでしたけど。

「これだけは付けたいアクセサリーは ? 」
こだわりはないけど、今はこの時計。そう言って、例の赤の時計の説明をしてました。同じ物を付けて、イベントとかで一緒に盛り上がれるのが嬉しいそうです。
「持ってるメガネの数は ? 」
5本。赤渕メガネが好きだそうです。司会の人から、なんで赤が好きなんですかと聞かれると、自分が情熱的だから、と (笑)
「相手がいないアフレコは難しいですか ? 」
今回のように、初めから一人芝居設定はそれなりだったけど、ゲームみたいに、相手がどう返してくるかわからないのに会話を喋るのが、1番難しいそうです。

その後司会者から、自分の演じた伊達メガネ役の設定で、恋愛を成功させることが、宮野さんだったらできますか ? と聴かれると、「あくまであれはドラマの世界、現実はそんな甘くねーぞ」と、いきなりクールモードで言っちゃってました。

「演技する上で心がけている事は ? 」
慣れない事。演技は人によって受け取り方が違うので、自分の演技に慣れない事、いつも新鮮でいる事。
「宮野さんからみて男前の人ってどんな人 ? 」
最初、相撲取り、とか言ってたんですが、神輿を担いだ祭りの人に変えてました。自分のイメージとは、あまりにも真逆なので憧れるそうです。

その後はプレゼントコーナー。
最後は
「もっとみんなと話しがしたかった。こんな風にのんびりと話しをする機会をまた持ちたいです。これからもいろいろやるので、また会いに来てください。ありがとうございました。ゆるくてごめんね」と挨拶。

マモはゆるいという表現をしていたけれど、私には、落ち着いた、穏やかな感じで、ガンダムの時のようなプレッシャーもなく、自然体で、ゆったりとしたマモが見られたような気がします。司会者がいっぱいいっぱいなのを見ると「大丈夫ですか ? 」と、終始優しく気遣いしていたマモも、ほんとにマモらしくて、見ているだけでホッコリした気持ちになれたのでした。
遠くから来てくれた人への感謝、後ろの人が見えなくなるからと、ずっと立っていたマモ、サイン入りCDを、そんなに喜んでもらえるなら、もっと書けば良かったと言ってくれたマモ、皆との時間をこれからも持ちたいというマモ、また会いに来て下さいと言った時のマモの優しいボイスが、まだ耳に残っています。

なんか、ゆるやかに、まったりと進んでいったイベントって感じで、こういうのもいいかも。私は好きだな。
でも、やっぱりスタンディングはきつかったです。

|

« 少年ガンガン付録「ソウルイータープレミアムDVD」のマモ | トップページ | 9/21 ポケ声・・・ »

宮野真守 イベント・舞台関連 感想」カテゴリの記事

コメント

あず様


初めまして、こんにちは♪
訪問、そしてコメント、ありがとうございました。
つたない感想ですが、読んで下さってて恐縮です。マモの様子を、少しでもイメージできているなら、とっても嬉しいです。
体調までお気遣いくださって、ありがとうございます。
もう若くないので (笑) いつまでイベントとかに参加できるかわかりませんが、参加できる限りは頑張りたいと思っています。
でもって、少しでもマモの様子を伝えられる感想が書けたらと。。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
是非また遊びにいらしてくださいねー。
お待ちしています~☆

投稿: きば | 2008年9月23日 (火) 00:54

はじめまして。
いつも、きばさんのレポート楽しく拝見させてもらってます
私は地方在住で、なかなかイベントなどに参加出来ないため
きばさんのレポートは私にとってはすごく貴重です!
ありがとうございます☆今回の月刊男前図鑑のイベントの様子も詳しくて
参加してないのに状況が目に浮かぶようでした。
そしてますます宮野さんを好きになりました☆

これからも楽しみにしています♪
お体に気をつけて、イベントに参加して下さいね☆

投稿: あず | 2008年9月22日 (月) 15:11

奈々さま


初めまして、こんにちは♪
訪問、そしてコメント、ありがとうございました。
イベントの様子や、マモの感じ、少しでもイメージの手助けになったなら嬉しいです。
マモは終始、優しくて穏やかな感じでした。
演技について語る時はほんとに真剣で、聴いていると、気持ちが引き込まれていくような感覚になりました。
マモ出演のイベント、次は是非行かれるといいですね。
ではでは、宜しければこれからも是非、遊びにいらしてくださいね。
お待ちしています~☆

投稿: きば | 2008年9月22日 (月) 02:30

山ゆりさん


こんにちは~♪
訪問、コメント、いつもありがとうございます。
マモの優しさ、伝わりましたでしょうか?
なんか、今回のイベントは、あまり今までにない雰囲気を感じさせてくれるマモでした。
なんていうのかなぁ、私から見れば普通なんだけど、今までのマモのテンションを考えると、やっぱりいつもよりは穏やかで、静かな感じのマモだったかな。
イベント終わった後も、なんかマモの優しさが身体中の感覚の中に残ってて、かなり切ない気持ちになってしまいました。
マモの鬼畜設定のキャラ、聴いてみたいなって、私も思いました。出来るか出来ないかは別にして・・(笑)
いろんな設定のいろんなキャラのマモを、もっともっと見たいです。
10月からのアニメは、いろんな役があって、楽しみですよね☆

投稿: きば | 2008年9月22日 (月) 02:15

初めまして☆月刊男前図鑑のイベを外れ、マモちゃん一番大好きな声優さんなので様子が知りたくレポ探しさまよっていたところ見つけたのでコメント残させて下さい。
素敵なイベントだったようで、詳しくマモの様子が書かれていて目に浮かぶようでますます行きたかったです。笑
演技とかについても語ってたんですねぇ、ファンや司会の人を気遣う優しい姿が大好きです。
伊達眼鏡の後日談も聞きたかったなぁ。
では、突然失礼しました;すいません;
またブログ覗かせ貰いますね、マモ好きな人のアニメの感想やイベのレポを見るのは楽しいですし…。
情報とかも色々載せておられるようなので。

投稿: 奈々 | 2008年9月22日 (月) 01:46

こんばんわ、山ゆりですv
私は今回、金銭的にきつくてこのイベントに行けなかったので楽しく読ませていただきました。
本当に良いイベントだったのでしょうね。
マモの優しさとかがすごく伝わってきて、表情とかどう言ったのかとか想像するだけで楽しかったですv
それに、ここまで覚えているきばさんも本当に凄いです。
このレポを読んでて、無理してでも行けばよかった~っと結構後悔しています;
個人的には鬼畜系聞いてみたかったです(ノ∀`)
レポお疲れ様でした!

投稿: 山ゆり | 2008年9月22日 (月) 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少年ガンガン付録「ソウルイータープレミアムDVD」のマモ | トップページ | 9/21 ポケ声・・・ »