« 11/26 レミィキャラソン「薔薇色real face」発売 | トップページ | 宮野真守 ドラマCD「カーニヴァル」アフレコ集合写真 »

2009年9月20日 (日)

「ネオロマンス15thアニバーサリー」1日目のマモ

19日に行われた「ネオロマンス15thアニバーサリー」、昼の部、そして夜の部に参加してきました。
フェスタでもなく、アラモでもなく、一体どんな風に進行していくのか、興味津々だったのですが、今回は、歌で当時の思い出を綴っていくという感じ。最近ではほとんど聞けなくなっていた歌の数々を聞けて、なんかとっても懐かしかったです。

加地葵を演じる宮野真守は、ゲーム内で、転校してきて日野さんに最初に言う、「初めまして、でも、初めてじゃないんだよね。僕の事、覚えてる ? 」というセリフが最初の挨拶になりました。

今回の目玉は、なんといっても、「COSMIC LUCKY DAY」が生で聴けたことです。ずっと聞きたいとは思っていたけど、まさか、ほんとに生でこの歌が再現できてしまうとは。あまりの破壊力に、聞き終わったときは精神崩壊しそうでした。
マモは歌というものを、いつもドラマのように捉えていて、ひとつの物語のように歌って (演じて) しまう人だという事は充分知っていたはずだったのですが、今回はもう、そんな想像の遥か上行く歌 (小芝居?) になってました。
午後の部では、歌い出しの前に、「ごめ~ん、遅れちゃって。待った ? 」というセリフまで挟んできて、完全に遊園地でのデートシーンのお芝居に突入しちゃいました。その後はもう、歌詞のひとつひとつにはじけるような動き、仕草、笑顔を乗せてきて、マモの動きをみているだけで、マモの隣にいる相手が見えてくるようでした。
「ふふっ」っという、加地くん独特の笑い声も、見事に再現。歌いながら、良くあの笑い声が入れられるもんだと、ただただ唖然。昼夜とも、あの笑い声を発したとたん、客席からは悲鳴のような歓声が、ドッと沸いていました (笑)
はぁ~、あの「ふふっ」はもう、芸術です。
日野ちゃんの口にソフトクリームがついてるというあのくだりでは、指でそれを拭って、そして、自分がそのクリームを舐めちゃう、という演出まで加わってました。見事です。
間に入るスキャットも、ノビノビと響いてきて、耳に心地良いこと心地良いこと。
「少し風が冷たい~♪もっと近くに~♪」のくだりでは、セットの階段をベンチの椅子にみたてて座り、隣りに座っているであろう日野ちゃんに、スリスリ近寄っていく動作をしたり、「お手をどうぞ~♪」では、ひざまずいて、手を取る仕草をしたりと、ほんとに動きが細かくて、ひとつのお芝居をみているようでした。

CDで初めて聴いた時も凄い歌だなぁ、と思ったけど、こうして生で聴くと、その破壊力は、マジに半端なかったです。宮野真守演じる加地くんじゃなきゃ、絶対に歌えない歌だと、あらためて実感してしまいました。short.verだったのが残念。

そして、きーやんと歌った「CORONA」

実は私、この歌、CDで聴いた時、初めてライブで聴いた時、そして、星奏学院祭で聴いた時と、どんどんどんどん印象が変わっていくんですよね。最初は、マモときーやんの歌声が寄り添うようなイメージが強かったのですが、聴けば聴くほど、そんな生易しい感じではなくなってきて、、、今日のこの曲、蒼天航路ではないけれど、2匹の龍が、絡み合いながら、競い合いながら、でも、争うのではなく、お互いを支えあいながら、でも、相手には負けまいとする力強さを放ちながら、天空目指して、勢い良く駆け上っていくような、そんなイメージが浮かんでくるような、物凄い歌に聴こえたのです。
きーやんのシャープな歌声と、マモの暖かく甘く艶のある歌声。そんな2人が作り出す、すさまじいまでの美しい力強さと切なさに、なんかもう、自分に肉体の存在がなくなっちゃって、感覚だけが呼吸しているような錯覚に陥ってしまいました。後から、一緒に見ていた友人が、「気づいたらペンライト振る手に力が入らなくなってて、スイッチ切っちゃった」って言ってて (ちなみに、友人はマモのふぁんではないです) それ聞いたとき、やっぱりそうなんだ、2人の放ってくるオーラは、半端じゃないんだなって、そう思ったのでした。
そして、最後のマモときーやんの、最後の最後まで競い合うようなハモリが、もうもう、美しすぎて、激しすぎて、鳥肌が立つくらい素晴らしすぎて、聴いた時は全身硬直、涙でそうでした。マモだけでは作り出せない、そして、きーやんだけでも作り出せない、2人だからこそ生み出す事が出来る独特のハーモニーの美しさが、そこにありました。きーやんが、演奏がカラオケなのに、ここまでハモリを入れるのは初めて聞いたような気がします。なんかもう、もっともっと聴いていたい、2人の歌声が作り出す世界に、もっともっと浸っていたいって、心の底から思いました。(これも、short.verなのが残念すぎ)

この2曲のインパクトがあまりにも強くて、他はあまり良く覚えていないのですが、夜の部では、パート分けのない蒼穹のスコアと輝きはダイヤモンドも聴けて、プチ星奏学院祭の気分を味わえてしまいました。

今回おもしろいなと思ったのは、第1部はソロ、そして、第2部は、プチドラマとデュオがメインだったんだけど、2部のデュオでは、例えば、アンジェで、岩田さんと神奈さんが「I DON'T KNOW HOW」 (だったかな ?) を歌っている時に、マモ達コルダチームが参入してきて、コラボで合唱、つまり、作品を超えて、普段は絶対に歌う事のない歌を歌うマモの歌声を聴けたのが、なんか凄く新鮮で、楽しかったです。
輝きはダイヤモンドを、マモ達コルダチームが歌ってる時、ネオアンチームが参入してきて、自由くんが丁度マモの後ろからの登場だったんですよね。で、マモは自由くんと一緒に歌えるのがとっても嬉しそうで、肩組んで歌ったりしてました。
その後、ネオアン「軌跡」にも、コルダ参入してたかな?
最後の方では、全ての作品を皆でコラボ状態だったので、「HAPPY TIME」「遼遠の旅路を行け」「君は独りじゃない」など、オンリーイベントでなければ聞けない歌を並べて聞けるという贅沢と、大好きな、アンジェや遥かの歌をマモが歌っているという嬉しさで、今までのネオロマでは味わった事のない感動が心をヒタヒタと浸してきて、なんとも言えない気持ちになっている自分がいました。

夜の部の最後、「僕たちのアニバーサリー」を歌う前に、全員で客席に投げキッスするというサービスがあったのですが、きーやんが連発していた最後の投げキッスを、マモに向かって投げると、マモはそれを受け取り、パクッと食べるというwww
どんだけ仲いいんだというね、、、(笑)

基本歌だけの内容でしたが、なんかとっても楽しくて、見終わった後に、とっても充実感の残るイベントでした。ほんとに懐かしかったからなー。でも、1番の理由はマモが、これでもかというくらいはっちゃけてて、終始笑顔だったからなのかも。

そうそう、コルダ3の情報も発表され、舞台は8年後の横浜、キャラは変わるみたいだけど、マモ達は変わらず登場するとのことでした。

|

« 11/26 レミィキャラソン「薔薇色real face」発売 | トップページ | 宮野真守 ドラマCD「カーニヴァル」アフレコ集合写真 »

宮野真守 イベント・舞台関連 感想」カテゴリの記事

コメント

ツタガワさん


こんにちは~♪
訪問、そしてコメント、ありがとうございます。
ネオロマ、マモの様子が少しでもイメージできていたら嬉しいです。
ルクスペインでシルバーウィーク、いいですねー。私はシステムでめげてしまい、そのままになってしまっているのですが、世界観は凄く気になっています。いつかまた挑戦したいと思ってはいるのですが、、
オッキーのブログのマモ、かわゆかったですよね。
1日だけでしたが、ほんとに楽しいイベントでした。
秋は、4thシングルとライブ、楽しみはいっぱいですね。
ツタガワさんもお身体には気をつけて下さいねー。
ではでは、これからも是非また遊びにいらして下さい。
お待ちしています~☆

投稿: きば | 2009年9月23日 (水) 00:33

こんばんは、ツタガワです。
お言葉に甘えてまたコメントさせていただきました。
ネオロマは参加出来なかったのですが、あったかいレポを読んで行きたかったなぁと思いつつ楽しませていただきました。
ありがとうございます。
置鮎さんのブログにマモのなんだか可愛い写真が載ってたのでほっこりしました。
個人的には今更ですがDSのルクスペインをプレイしてマモ生活でまったりした連休を過ごしております。
4thシングル&ライブ楽しみですね。
これから寒くなってきますので体調等お気をつけください。
それでは乱文失礼いたしました。

投稿: ツタガワ | 2009年9月22日 (火) 20:04

桃さん


こんにちは~♪
いつも、暖かいコメントありがとうございます。
ネオロマ、参加予定だったのにダメだったんですか ? それは残念でしたね。私の感想で、少しでもマモの様子がイメージできていたら嬉しいのですが・・
次回こそ、参加できるといいですね。
DVDの発売、決まりましたが、問題はどんな風に収録されてくるかですよね。なんせ3日間分の内容ですから、、、発売されるまでドキドキです。
ゲームも、どんなキャラ設定になるのか、今から楽しみです。加地君を超えるキャラは、誕生するんでしょうか ☆☆☆
ではでは、これからも是非また遊びにいらして下さいねー。
お待ちしています~☆

投稿: きば | 2009年9月21日 (月) 10:57

こんにちわo(_ _)oペコッ

お疲れはございませんか?
”ネオロマンス15thアニバーサリー”のレポアップ、ありがとうございます!!

今回、開催日2日前にして、諸事情により急遽参加できなくなってとても悲しんでいました(ノ_-。)

でも、キバさんのレポを拝見して、『ああ、やっぱりマモはすごいなぁ』と感動しました。
気持ちやその雰囲気がビシビシ伝わってきましたc(>ω<)!!
ああ、早くDVDにならないでしょうか。
なりますよね(汗)

そして、
コルダ3の情報が発表されたのですね。8年後の横浜が舞台……。
気になりますね~☆☆
今から楽しみです!!!!!

次回が有りましたら、その際は参加できるよう万全の準備をしよう思います。

詳しく、そして楽しいレポをありがとうございました(*^.^*)

投稿: 桃 | 2009年9月20日 (日) 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/26 レミィキャラソン「薔薇色real face」発売 | トップページ | 宮野真守 ドラマCD「カーニヴァル」アフレコ集合写真 »