« 「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説THE MOVIE」ウルトラ戦士紹介 | トップページ | 宮野真守 「DOLLS」第8巻限定版 収録風景 »

2009年11月 9日 (月)

宮野真守「2nd LIVE TOUR~SMILING~」in 大阪NHKホール

11/7に大阪NHKホールで行われた、宮野真守 2nd LIVE TOUR SMILINGに参加してきました。今までのライブ会場と違って、全体的に音響が柔らかくて、マモの声も凄く聴きやすく感じました。名古屋でのライブが、荒々しいエネルギーを、これでもかと、ひたすら勢いでぶつけてきていたように感じさせたのに対し、今回は随分とメリハリを感じさせるものになっていたと思います。

【Kiss×Kiss】
音響のせいか、名古屋に比べ、数段甘く感じたマモの歌声でした。そんな歌声が、どうやらインカムマイクが不調だったみたいで、ところどころ途切れたようになってしまったのがもったいなさ過ぎて泣けました。途中のハモリも、ブチブチ切れて残念すぎ。あんなに綺麗に歌ってたのに、、、でも、マモがたたき出す、しょっぱなからの弾けるようなダンスと歌声は、そんな事故を吹き飛ばすかのように、エネルギッシュで、歌い終わった後の「イェ~イッ ! !」は、頼もしいくらい力強かったです。

【BE】
そして、テクノ風に、アレンジされ、アップテンポに変身した「BE」
いやぁ~、甘い、甘すぎる。
名古屋では、アレンジにド肝抜かれて、そっちに意識がいってしまっていたのかなぁ、吐息混じりに入る一つ一つの言葉の入り方、語尾の抜き方を聴きながら「こんなに甘かったっけ ? ?」と、ひたすらドキドキしておりました。

【Break a road】
やっぱりこの曲はめちゃめちゃテンション上がります。ロック大好きな私は、途中何回も、拳を振り上げそうになっちゃいました。特に「baby,everything's gonna be alright.dance together 感じあえるから~♪」のくだりは、そのメロディとリズムとマモの歌声に、ほんとに血が騒ぎます。大好きです。
マモの歌声も、力強さと吐息が半端なくて、やっぱりこの歌、やばいです。

【ぼくのキセキ】
軽いMCの後、ガラッと雰囲気を変えてくるこの流れ、今回も凄くいいなぁ、と感じました。「次はこの曲だ ! 」と、骨っぽく太い声で言った後、いきなりオルゴールの音ですもん。それまで高ぶってた気持ちに、いきなりフワフワ毛布を掛けられた、そんな感じです。
マモの歌声からは、最初から最後まで、相手を元気付けようと頑張る一途な想いが力強く伝わってきました。ストーリー性を持った歌を歌うと、マモはほんとにそれを小芝居にしちゃうんですよね。「コズミック~」も凄かったけど、この歌もある意味、それに近いものがあるような気がしてしまいました。

【・・・君へ】
柔らかく、美しく、力強く朗々と響き渡るマモの透明感のある歌声に、魂が酔いしれました。気が付いたら涙が・・・この曲が、今回感動で涙が出た1曲目になりました。
「君を奪いさったならよかったのか~♪」
この歌を歌うマモの歌い方、何処を取っても好きなのですが、最初のこの部分は、何回聞いても何回聞いても最高なんですよね。今回は序盤で歌われたからなのか、1stでの時と違って、穏やかで優しい感じが凄く前面に出ていて、その暖かさと甘さと優しさと、そして語尾に加わる切なさに、ほんとに心が震えてしまって、マモの歌声に身体中が包まれている幸福感を、全身で味わってしまいました。
もう、ほんとに、マモのボイスの柔らかさ、甘さ、優しさ、暖かさ、美しさ、切なさを存分に堪能させてくれる名曲です。

【卒業デイズ】
そして、ダンサーさん達と、はちゃめちゃなダンスで楽しませてくれるこの曲。思わずヘッドバンギングしたくなるような、、、マモも客席にマイク向けて、掛け合いのように歌が進んでいって、卒業の切なさは何処へやらって感じでした。

「REFRAIN」
バンドメンバー紹介後、ガラッと舞台の雰囲気が変わって始まるこの静かで切ない流れの変化も、凄くステキです。
マモの歌声って、バラートになると、どうしてこんなにも透明感が増して、美しく響き渡るんでしょうか。伝わってくる想いや、マモが歌詞に込めてくる想い、それを力強く伝えてくるマモの歌声は、どんな言葉を並べても、伝えきれません。
マモは、「この歌が1番緊張します」と言ってました。

「トロイメライ」
ここからはアコースティックコーナー。
最初の一声を発する時に吸い込む息から、既に色香が・・・
一言一言を大事に、力強く、まるで噛み締めるかのように紡いでいく、マモの優しくて暖かい言葉がメロディに乗って心に染みてくる。ライブでは、CDと違って、ウィスパーというよりも、力強く想いを伝えてくる、という感じでした。これも、客席という対象が居るからこそのライブならではの歌い方なのかも。
マモは、「いろいろ変わっていくけど、変わらない物は確かにあるよ」そんな想いを込めた歌ですと言っていました。

ここで、バンドのメンバーとのトーク。回を重ねる毎に、トークがどんどん砕けて (良い意味で) ほんとに皆仲がいいんだなぁ、と感じます。

「RAIN」
アコースティクにアレンジされた「RAIN」。私はどちらかというと、この「RAIN」はオリジナルの曲調の方が好きだったりするのですが、この頻繁に入るファルセットをジックリ聞くには、こういうアレンジの方がいいのかな、なんて思います。オリジナル、難しすぎですもんね、特にライブでは、息続けるだけでも相当きつい歌だと思うから。マモも力むことなく、ゆったり、ノビノビと歌ってるのが凄く良い感じです。

「会いに行くよ」
まさかの選曲。「Garnet」ではなくて、まさかの「会いに行くよ」
アルバム「BREAK」の中で1番大好きなこの曲。一言も聞き逃したくなくて、一音も聞き逃したくなくて、全身を耳にして聴き入ってしまいました。マモの優しい歌声が、暖かい想いが魂にジワジワ染み入ってきて、気づいたら涙が出てました。
「会いに行くよ」の部分を「会いにきたよ」に変えて歌う所にマモの優しさを感じました。
曲間に入れてくるアドリブ的ハモリの艶のある甘さは、もう犯罪的でした。マモの優しい想いと力強さのこもったこの歌い方を聴いて、ますますこの曲が好きになってしまいました。

「俺の名前は、MCマモ・・・そして俺はここ大阪で、史上最強のハッピーライフ隊を結成することになった・・・の・・・だが・・」
私は、低いトーンで、このセリフを言うマモボイスの素敵さに倒れました。
名古屋を経てきたにもかかわらず、まだキャラが固まっていないそうです。ここでの、ハッピーライフ隊 (ダンサーさん達)との、ミニコントみたいなやり取り、今回も楽しかったです。マモがひたすらつっこんで、ダンサーさん達がひたすらボケる。これ、全部アドリブだとしたら、素晴らしいとしかいいようがないくらい、息ピッタリでした。

【ハッピーライフ !】
相変わらずはじけるようなノリとリズムとダンス。タオルを使っての振りは、大阪でも健在でした。「君がもし、悲しい時には、僕らすぐ、駆けつけよう~♪」のフレーズが、1番好きだなー。

【Splush Blue】
名古屋でもそうだったけど、ハッピーライフからこの曲への流れの時のマモって、ほんとに楽しそうで、なんか和みます。でもって、このサンバのリズムが楽しくて、ついダンスに目がいってしまうんだけど、実は、この曲を歌ってるマモって、凄く艶っぽいボイスなんですよねー。「答えはこの町の向こう、たどり着いた瞬間に~♪」「時を止めて、このまま~♪」のフレーズを歌う時のマモボイス、もう、ドキドキしました。
途中何度も「サンバッ」の掛け声を入れながら、はっちゃけてるマモとダンサーさん達のノリで、テンションは一気にヒートアップって感じ。

【FIRST GATE】
そして、そのままのノリで、この曲に流れていくくだり、最高です。
ダンスの動きで、服をちょっと着崩した様にして、それを不良っぽく直す仕草も、曲調に凄くあってて、一瞬で雰囲気を掴んでガラッと変えてしまうマモの技に、今更ながらため息でした。

【蒼ノ翼】
CDで死ぬほど聴いている最初の25秒のくだりを、生のマモボイスで聴いたとたん、頭のてっぺんから足の先まで、電流を貫かれたような感覚になり、マモが歌っている間、全身痺れた様な感覚になってしまって、動けなくなってる自分がいました。自分の大好きな曲を生で聴ける幸せ、メロディに乗せて怒濤のように繰り出してくる、力強いマモボイス、そんなマモボイスを、全身で感じる事の出来る幸せを、これでもかというくらい感じて、気づいたら涙が出てました。
もうもう、ライブで聴く事の凄まじいまでの破壊力に、呼吸困難になりそうでした。
「命が息吹く~♪」
「翼がほしい~♪」
このフレーズを、生で聴けてるんだぁ~と思った瞬間に、またまた感動が・・・
この歌だけ、何度でも何度でも聴いていたい・・・
上松さん、マモの東京公演、聴きにきてくれるといいなぁ。

そして、ラストに向けてのトーク。
「小心者なので、出る前は凄く緊張するんですが、皆に受け入れてもらえるから、パフォーマンスできています。ありがとうございます。」と、真剣に話すマモ。そして「次が最後の曲です」という言葉を、なかなか言えなくて、いつも次にいけなくて怒られるんですよ、と、名残惜しそうに話していましたが、客席からの後押しで、最後は笑顔で、と曲紹介するマモでした。

【J☆S】
名古屋と同じように、「皆の声を僕に下さい」ということで、「ジャストスマイル」の掛け合い。マモと会場が一つになっての大合唱になりました。私には、最後の決めジャンプをしているマモが1番楽しそうに見えました。

お約束になった「マーモ」コールで、再登場したマモ。またまた、全員が今回のライブTシャツ着ての登場でした。

【気持ちつないで。】
今までの喧騒も興奮もまるで幻だったかのように、優しく、暖かく、シットリと歌って聞かせてくるマモの歌声。思わず目をつぶって、身体中で感じたくなるような、そんなゆったり染みて来るマモの歌声。最後のハモリを聞きながら、ほんとに幸せだなって、心から思いました。

「今回2ndライブという事で、背負う物も大きいけど、皆の笑顔がみたいので、これからも頑張っていきます。最後に、僕の1stシングルを歌いたいと思います。ほんとにほんとに最後の曲です。Discovery ! !」

【Discovery】
会場中がうねる様な波に包まれて、なんとも言えない高揚感が身体の中から湧き上がってくるような、そんなノリを叩きつけてくるマモの歌声。ここまで盛り上がってしまうと、これがラスト曲なんだという寂しさが募ってきます。
マモの歌声は、これで喉が潰れてもいいと思っているんじゃないかと思うくらい、エネルギッシュでパワフルで、これだけの広い会場を一つにして包み込んでしまうくらい大きくて、そんな雰囲気にただただ身を任せて聴いてしまう自分でした。

最後は、メンバー全員、手を繋いで「ほんとにありがとうございました」と挨拶。
「君にキスッ ! 」「ありがとう」「またね」を、何度も何度も繰り返しながら、名残惜しそうに退場すしていくマモでした。

こんな風に、マモの生歌を聴ける事が、いかに幸せな事かをあらためて実感し、そんな時間をくれるマモに、心から感謝した2時間でした。

|

« 「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説THE MOVIE」ウルトラ戦士紹介 | トップページ | 宮野真守 「DOLLS」第8巻限定版 収録風景 »

宮野真守 イベント・舞台関連 感想」カテゴリの記事

コメント

リクさん


こんにちは~♪
コメント、そして感想、楽しく読ませて頂きました。ありがとうございました。リクさんは、舞台に立たれた事があるんですか ? 凄いですねー。
私も、舞台でのハプニングは、生もの故の出来事だと思ってはいるのですが、ライブで歌がマイクに入らないというのは、やっぱりハプニングでは片付けられない、悲しいものがありました。
それにしても、「会いに行くよ」が好きな人って、意外と多いんですねー。コメントとか読んでて、ちょっとビックリでした。「会いに行くよ」のアコースティックverは、DVDになった時は是非とも収録してほしいなぁ、なんて思います。アコースティックコーナーは、東京でもいろいろありそうで、今から楽しみです。
リクさんも、お身体には気をつけて、東京でのライブ、一緒に楽しみましょう ☆☆☆
ではでは、これからも是非また遊びにいらして下さいねー。
お待ちしています~☆

投稿: きば | 2009年11月10日 (火) 00:06

さーさん


こんにちは~♪
ライプ、間に合って良かったですねー。
感想も、いろいろ聞かせてくださってありがとうございました。
とても興味深く読ませて頂きました。
マモの歌声が素晴らしかっただけに、最初のマイクの不調が、凄く残念でなりませんでした。でも、そんな不調を吹き飛ばすような、マモのパフォーマンスは、ほんとうに素晴らしかったですよね。
やっぱり、東京が1番関係者が多くなるでしょうから、マモの緊張はまだまだ続きそうですね。
後2日間、どんな舞台になるのか、ほんとに楽しみです。
一緒に楽しみましょう ☆☆☆

投稿: きば | 2009年11月 9日 (月) 23:40

きばさん、こんにちわ。

大阪ライブレポ、楽しみにしていました☆
ハプニングもあったようですが、それもまたライブ(生)ならでは!!という感じでしょうか??というか、私も舞台に立った経験のある人間で数々のハプニングを経験しているので、ライブに限らず観に行ったお芝居やコンサートでハプニングが起きても、それも一つの演出(楽しみ)として観たりしていますが…
今回のレポを読ませて頂いて、今回のマイクのハプニングは残念としか言えませんでした(汗)

アコースティックコーナー、曲順が違うなぁって思っていたら曲目も違っていたのですね(>_<)
私も『会いに行くよ』はかなり好きな曲なので、生で聴きなかったです(泣)きばさんのレポを読みながら、絶叫してました(笑)

まさか、こんなところにもサプライズがあるとは思っていなくて、『マモちゃんは本当に、人を喜ばせる天才だなぁ』って感心すると同時に嬉しい気持ちで胸がいっぱいになりました。

東京ライブまであと5日。
私は2日目の参加なのであと6日、東京ライブではどんな選曲でくるのか楽しみにしながら当日を迎えたいと思います♪
私は個人的に『RAIN』が気に入ったので、これはぜひ東京でも聴きたいなって思ってるんですけどね…f^_^;

何か今回も自分のことをたくさん書いてしまい、本当にすみません。
今後もレポや情報の更新、楽しみにしています☆

インフルエンザに限らず風邪が流行り始める季節になってきたので、体調には本当に気をつけて下さい!!

それでは、長文乱文失礼しました。

投稿: リク | 2009年11月 9日 (月) 17:46

名古屋とはまた違ったライヴでしたね!きばさんの言われる通り、名古屋は力強さのような勢いと激しさが感じられましたね。大阪公演では声が名古屋と比べて出ていたような気がします。裏声とか素敵でした!!BEは言われてみたらセクシーな感じでしたね。
大阪は会場がとても綺麗なところでビックリしました。遅れてしまい一人会場の中に入って行ったのですが本当にここが会場なのか半信半疑でした…。幸いまだ始まっていなくて助かりました(^-^)それにしても1曲目のkiss×kissは残念でしたね(>_<)私はBE、FIST GATE、Splush Blue系の曲が好きでこの曲は自分の中でノリノリな気分なのですがどうも、ハッピーライフや卒業デイズの騒ぐ系の曲が苦手で戸惑ってしまってます。上手く曲に合わせられないんですよね(;^_^A
「会いに行くよ」はアルバムを購入した当初一番聴いている曲で私も好きな曲です。RAINは私もオリジナルの方が好きだったのですが大阪でもう一度聴いてみたら「このアレンジも良いかも」と思いました。ポップな感じでまた良い感じです(^-^)
トロイメライで宮野さんがこの曲の事を何て話していたのか忘れてしまって後悔していたのですがそんな事を言われていましたね。次聴く時はそう思いながら聴きたいと思います!
上松さんなら東京公演見にきてくださるような気がします!他にも色々な方々がいらっしゃるのでしょうね。前回はとても豪華な方々がいらっしゃいましたし(*^_^*)東京公演が楽しみでもあるのですが寂しくも思えます…。残り2公演楽しみたいと思います(≧▼≦)長文失礼致しました。

投稿: さー | 2009年11月 9日 (月) 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説THE MOVIE」ウルトラ戦士紹介 | トップページ | 宮野真守 「DOLLS」第8巻限定版 収録風景 »