« われらイマドキッ!「カラオケ大会」・・・(笑) | トップページ | 「王子様(笑)シリーズ」第1・2巻 動購入特典CD試聴開始 »

2010年6月22日 (火)

6/20 ジョイサウンドファイト

マモ 「前回はですね、公開録音の様子をお届けしましたが、どうだったでしょうか。」

ロミ姐 「井口君の再就職先は見つかったんでしょうか」

マモ 「ここで言ってもわかんないでしょ。公録来た人はわかるでしょうけども」

ロミ姐 「台本に書いてあるんですよ」

マモ 「そうなの ? なんかね、井口君、文化放送辞めたらしいんですけど」

べっちー 「ハハハハハハ」

ロミ姐 「いる、、、、、」

マモ 「あれ、いた。井口男爵いたの ? これ、どっかでさぁ、皆に見てほしい、聞いてほしい」

ロミ姐 「ねぇー」

マモ 「だって、ラジオ聞いてる人は、まだ、これが聞けてない訳ですから、劇団ジョイファイの、旗揚げ公演、朗読劇「即決戦士ニ秒マン」」

ロミ姐 「うん」

マモ 「これ、どっかでなんかしたいな」

ロミ姐 「おもしろかったのはさぁ、シーラカンスでいきなり、読み合わせみたいになっちゃったじゃないですか」

マモ 「そうだね、シーラカンスの収録の時に、1回読み合わせ、、」

ロミ姐 「でも、その時に、井口男爵、ノリノリだったじゃないですか。」

マモ 「ノリノリだったよ」

ロミ姐 「俺、役者やりたかったんです、みたいな感じでさ」

マモ 「声通るし、しかも、、うるせぇ、うるせぇ、店中に、、」

ロミ姐 「なのにさ、本番、緊張しちゃって」

マモ 「手、プルップル。お前、チワワか、かわいいな、お前」

ロミ姐 「なんか、上ずり気味、、今日、しんどいね。」

マモ 「何でしんどいんでしょうね」

ロミ姐 「今、ガラスの向こう、大笑いですけど」

マモ 「今日、しんどい理由があったんでしょうね。まぁ、公禄の後だからでしょうね」

べっちー 「ハハハハハハ」

【ジョイおた】
部屋の整理中に「チクビ」と書かれたMDを聞いてみたら、この番組でした。最近チクビネタをやっていないので、是非やってください。

ロミ姐 「チクビネタってどういう事 ? チクビネタって、何言ってた ? チクビームっ ! ! ってやつ ? 違うよね。」

マモ 「なんかすごいね、番組を代表する言葉がチクビって、この頃」

ロミ姐 「うそ、どの頃 ? 何やってたの ? 何、チクビで」

マモ 「よろチクビ、とかだって」

ロミ姐 「よろチクビ ? 」

マモ 「うん」

ロミ姐 「それなら今でも変わんないけど。ヨロチクピーム、とか」

マモ 「でも、よくやってたじゃない ? おいっ、宮野、ちょっとチクビ出してみろって、よく言うじゃん、朴さん。そういう事だよ。そういう事で、このリスナーが聞き始めた頃に、この番組は、チクビなんだと。で、忘れないように、」

ロミ姐 「チクビ ? ? 超かわいい。あたしも今度からそうしようかな。ジョイファイの収録の時には、スケジュール帖に、チクビって」

べっちー 「ジョイファイ ? 」

マモ 「ジョイファイって言った ? 今。ジョイファイでよろしいですか ? 」

ロミ姐 「まだ待ってよ。」

マモ 「何でよ」

ロミ姐 「まだ、今月いっぱいは悩まして」

マモ 「決めようよ、早く」

ロミ姐 「今月いっぱいまでに、結論出しますから」

マモ 「わかりました。ジョイファか、ジョファイか、ジョイファイ」

ロミ姐 「でも、ジョッファ、てのもあるんだけどね」

マモ 「それは、挨拶的なことですか? ジョッファー、みたいな 」

ロミ姐 「挨拶みたいなのもあるんだけどさ、昨日、ジョッファ聞いた ? みたいなさ」

マモ 「ジョファ ? ?」

ロミ姐 「ジョッファ、小さいツが入るの。どお ? 」

マモ 「いいですよ、決めて頂ければ、僕ら、なんも文句いいませんので」

ロミ姐 「ジョッファ、、、、、、、でもなぁ~」

マモ 「何だよ、今月いっぱい悩んでください。今月いっぱい、悩んでください」

番組リニューアル後も、パワーアップしたボールペン投げに期待しています、というメールが。

マモ 「この番組のリスナーって、Sだよね。結構Sっ気あるよね」

ロミ姐 「この間の公禄やってても思いました」

マモ 「Sっ気あったねー。」

ロミ姐 「ほんと、Sでした。ドSっていう、、、」

マモ 「タジタジでしたね。」

ロミ姐 「だから、あたしにもっと、宮野真守をいじってほしいんですよ」

マモ 「えー ?」

ロミ姐 「もう、踏んづけまくってほしいんだと思う」

マモ 「だって、何回踏まれたよ、俺、公禄で」

ロミ姐 「1回ぐらいじゃない ? そんなに何回もって記憶にあるくらい、良かったの ? 」

マモ 「確かに、、、、悪くない」

マモ・ロミ姐 「ハハハハハハハハ」

マモ 「おかしいでしょ」

この後、マモに投げても大丈夫なように、この番組用に、シリコン製のボールペンを作ればいいんじゃないかという話しにまで発展していきました。

ジョイサウンドでちびまるこちゃんのアフレコ体験をしたというリスナーから、おもしろかったので、お2人もどうですか ? というメールが。

ロミ姐 「お薦め ? お薦めメール ? これ。」

マモ 「我々に、アフレコを、、、朴さん、宮野さん、案外アフレコっておもしろいんすよ、という、、、僕らにアドバイスです、だから」

ロミ姐 「(引きつり笑い)」

マモ 「やってみたらどうですか ? っていう、アフレコっていう仕事がこの世にあって、、(笑いすぎ)」

ロミ姐 「それを当ててみると、割とおもしろいよ、その後、自分の声とか聞けちゃったりして、オンエアさながらきけちゃったりとかして」

マモ 「うん」

ロミ姐 「割とおもしろいっスよ、って薦められちゃったりして、、、我々毎日のように、割と毎日のようにやってることなんだけどなぁ、、、、」

マモ 「ギャハハハハハハハハハハ」

ひとしきり笑った後、ロミ姐が、「母をたずねて三千里」があるならやってみたいと言い出し、「銀河鉄道999」も、今はなくてもリクエストがあれば入るかも、そのうち「鋼の錬金術師FA」も入るといいね、という話で盛り上がりました。

マモ 「パンパン」

ロミ姐 「パンパンはいいから」

マモ 「格の違いを見せてやろうか。お前に、あ、格の違いを、あ、見せてやろうか。どうも、エドワードエルリックでございます。初めまして」 (棒読みで物真似)

ロミ姐 「何でお前が言うんだよっ ! ! 感動したんだけどなぁ、宮野君と、中村ゆーきゃんの関係が良かったなぁ、と思って。」

マモ 「朴さん、それはまだ、オンエアになってないので、、、」

ロミ姐 「だけど、そんな風に言われちゃうんだなぁ・・・・」

マモ 「そんな事ないです。僕はね、いつも朴さんの背中を見て、ここまで来たなって思ってますからね。俺の人生朴璐美だなって、、俺の朴だなって、、、ハハハハハ、俺の朴だなって言うくらい、」

ロミ姐 「何で呼び捨てにすんの ? 」

マモ 「ロミだ、あっ、ロミ様だなっていう、、常にこう、頭に入れて、、ちちよせや~」

ロミ姐 「ちちよせや~」

マモ 「あっ、機嫌治った」

べっちー 「ハハハハハハハ」

マモ 「ちちよせや~で、機嫌治るの ? 」

ロミ姐 「ちちよせや~」

マモ 「そんな簡単だったっけ ? 」

【ジョイサウンドにして聞きたい日本語】

マモ 「てめぇら、リーダーのいう事聞けよっ ! !

マモ 「スベリ王に、俺はなるっ ! !」

【ニ秒マンセブン】

問 「頭がスッキリするぐらい、夏らしいギャグをしてください

ニ 「スイから、、、、」

マモ 「すいか、、、大丈夫、これはウォーミングアップです。すいかの名産地」

問 「朴さんに怒られない程度に、ちゃかしてください

ニ 「おっきぃよねーーーーーー、器が

ロミ姐 「何、その中途半端な感じ」

マモ 「丁度いい感じ、、でしょ ? 」

問 「小学生が大爆笑の単語を教えて下さい

ニ 「下痢っ ! !」

ロミ姐 「最低・・」

マモ 「小学生っていったら、ウンコ系でしょ ? 」

問 「カフェシーラカンスのCMを作ってください

ニ 「シシシ、シーラ、カンスっ ! !

マモ 「激安ジャングル~♪ ジャングル押し」

ロミ姐 「どこがジャングルなの ? うちの」

マモ 「あの、猛獣がいるところですかね。すいませんでした」

ロミ姐 「・・・・・・・・・・・」

マモ 「ちちよせや~」

ロミ姐 「ハハハハハハハハハ」

マモ 「機嫌治るのおかしいでしょうよ」

EDで、冒頭で話していた、ジョイサウンド旗揚げ公演、朗読劇「即決戦士、ニ秒マンセブン」が、6/21から、ジョイサウンドボイスで、配信されるという告知がされました。

|

« われらイマドキッ!「カラオケ大会」・・・(笑) | トップページ | 「王子様(笑)シリーズ」第1・2巻 動購入特典CD試聴開始 »

宮野真守 イベント・舞台関連 感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« われらイマドキッ!「カラオケ大会」・・・(笑) | トップページ | 「王子様(笑)シリーズ」第1・2巻 動購入特典CD試聴開始 »