« 宮野真守「FULL SCORE 02-side Classic-」試聴第3弾配信開始 | トップページ | 宮野真守「言語遊戯王7」レポ »

2010年8月18日 (水)

「言語遊戯王7」のマモ

8/17にCCレモンホールで行われた「言語遊戯王7」を見てきました。
私は、お笑いの世界はほとんど知らないのですが、前回も参加していたので、ゲームの進行がわかっている分、今回は、ゲームそのものを楽しく見れたという感じで、3時間半近い時間でしたが、長さを感じさせない、笑いっぱなしの3時間半でした。
笑いすぎて、既に記憶は曖昧なので、内容が前後してても、スルーしてくださいませ。

山ちゃんの紹介で、1人ずつ客席から登場。山ちゃんによるマモの紹介は、「音速の王子様、宮野真守。本日、見栄えがいいのは彼だけです。後はルックスゴミばかり(確か、そんなような事を言ってた記憶が) 唯一の1輪の花、とくとごらんあれ」

相変わらず、紹介文がそれぞれおもしろくて、ほとんど知らない方ばかりでしたが、それでも山ちゃんの読み上げる内容から、それぞれの個性が伝わってくるようでした。

最初に、全員が一言ずつ挨拶。マモの番になった時、客席から「マモ~」という声援が起きて、山ちゃんが「ここまで (マモの紹介まで) こういう感じ、一切なかったですからね。」と言ってたのがおかしかったです。マモが、「僕はアーティスト活動をしているので、ここ (CCレモンホール) に立てて、感無量です。」と言うと、山ちゃんが「でも、やる事はま逆ですからね。歌いませんから」と返してきて、またまた爆笑でした。

出演者は8人で、トーナメント制。それぞれがクジを引いて、対戦相手が決まるなり、客席からは、大きなどよめきが、、、、そのどよめきの理由がわからず、山ちゃんが、「なんでどよめいてるんだ」と言いながら、マモとオードリー若林さんが、4回戦目に対決する事に気づくなり「うわー、死神対決だー」と、一言。私の隣りにいた方も、「またこの2人だ」と、思わず言ってました。
第3試合に出る天久さんは、マモが「デスノートに出てるんです」と言ったら、「ノートの役 ? 」と、訊き、「ガンダムやってるんです」と言ったら「フンガーッて言うの ?」と、訊いていたと、山ちゃんが暴露。「今時のロボットは、フンガーとは言いません」と、突っ込む山ちゃんに、またまた客席大爆笑でした。

第4試合の準備中、山ちゃんが、マモと一緒にラジオをやっていて、彼だけが自分を甘やかしてくれているんだよね、みたいな事を言ってて、ここでまた、クニオ君のパンチの違いを披露してました。ちなみに、ほとんど誰も笑わなかったです。
マモは、ヤムチャの物真似をしながら登場。BGMも、ヤムチャの音楽だったような・・・
山ちゃんが何を言っても、「ヤムチャです」と、ヤムチャの口調を真似て、それを繰り返してました。
山ちゃんが、「これだけ社交性のある男(マモ)と、社交性の全くない男(オードリー若林)、陰と陽の対決です。」と言ってたのが、最高におかしかったです。オードリー若林さんは、「人見知り鬼、心にセコムをかけてる人」と山ちゃんが紹介していたので、多分、相当人見知りなんでしょうね。若林さんが登場してくるなり、マモは大げさなジェスチャーで迎え、握手を求めたのですが、まるで目を合わさず、おびえるかのように恐る恐る手を差し出してました。
マモは「今回で3回目なんです。前回は1回戦で負けてしまったので、リベンジしたいです」と意気込みを語ってました。
最初に、先攻後攻を決めるジャンケンをする時に、マモがいきなり元気よく、「最初はグー」と言ったもんだから、その声の大きさに、若林さんが思わず縮こまってしまい、「びっくりしちゃったー」と、一言。山ちゃんの「彼は突然の大きな声に、びっくりしてしまうんです」という説明に、客席は大爆笑でした。

残念ながら、マモのリベンジはなりませんでしたが、試合後、若林さんにハグするマモ、怯えながらも、マモのハグを受ける若林さんを、山ちゃんが「彼のもっとも苦手なハグ」と解説しているのが、最高におかしかったです。

そして、負けた人が、山ちゃんと一緒に、次の試合の実況をするという事になってまして、ここで、「段取りの打ち合わせするから、まもちゃん、つないでおいて」と言って、引っ込んでしまう山ちゃん。1人残されたマモは、変顔しながら、「それかお」の時の、ドラゴンボールネタのシーンでやってた、変な、リズムを取るような踊りを踊ってました。
マモが実況したのは、スペシャルマッチということで、トーナメントとは関係ない、藤岡みなみさんと桜 稲垣早希との対決でした。桜さんは、エヴァの中の、キャラのコスプレをしていて、マモが初号機の真似したのは、ここだったかなぁ、、、、(違ってたらすみません)
途中「瀬戸内寂聴から、ほとばしる汗」という組み合わせが出た時、木魚を必死に叩く真似をするマモと山ちゃん、そして、その後に「瀬戸内寂聴の加入で、エグザイルの人数が増えた」という組み合わせで、木魚を叩きながら、エグザイルの代名詞でもある、例のタイミングをずらして回る振りをするマモと山ちゃん。もうもう、お腹が痛くなるくらい笑いました。マモの実況は、動作が加わるから、さらにおもしろくなるんですよね。

マモと山ちゃんのトークは、相変わらずテンポがあって息ピッタリで、まるで、おしゃ2の実況版を見ているようでした。対戦の時より、山ちゃんとの実況の方がおもしろいかも、と、思ってしまったのは内緒です。いつかまた、リベンジでなくてもいいので、マモに出てほしいなぁ、と思わせる、ほんとに楽しい、言葉遊びのイベントでした。

|

« 宮野真守「FULL SCORE 02-side Classic-」試聴第3弾配信開始 | トップページ | 宮野真守「言語遊戯王7」レポ »

宮野真守 イベント・舞台関連 感想」カテゴリの記事

コメント

桃さん


こんにちは~♪
いつも、訪問、そしてコメント、ありがとうございます。
言語遊戯王は、カードによる言葉遊びなので、文章では、あの楽しさ、おかしさが表現出来ないのが悲しいです。
是非、想像力を働かせて読んで頂けたらと思います。
特に、木魚を叩く振りをしながらの、エグザイルの回る振り (ハッピーライフ隊の時のあれ) は、ほんとに爆笑ものでした。
いつか、この可笑しさを実際に見られたらいいですね。
っていうか、マモは、次も出るのかー、という、1番の問題がありますが(笑)
桃さんも、暑い日がまだ続きますが、お身体には気をつけて下さいねー☆

投稿: きば | 2010年8月19日 (木) 01:03

キバさん、こんばんわ。
お元気でしょうか?
またまた、おじゃまいたします。
いつもマモに関する色々な情報を拝見させていただいています。

「言語遊戯王7」を観覧されてきたんですね(゚▽゚*)
とても行きたかったのですが都合が合わず、自宅待機でした。そんな中、キバさんのレポupを読むことができ嬉しいです!!ありがとうございます(≧m≦)
3時間半とういう長丁場を感じさせない笑いがあったようですね。その中にマモらしさが伺えて・・・☆☆
いつか観覧して一緒に言葉遊びを楽しみたいですね(*^-^)

暑い日が続きますが、お体にお気をつけ下さいませ。
では失礼いたします。

投稿: 桃 | 2010年8月18日 (水) 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮野真守「FULL SCORE 02-side Classic-」試聴第3弾配信開始 | トップページ | 宮野真守「言語遊戯王7」レポ »