« 宮野真守「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 」初日舞台挨拶レポ | トップページ | 宮野真守 ライブDVD「WONDERING!」発売記念イベント開催決定 »

2010年12月24日 (金)

「ウルトラマンゼロ THE MOVIE」初日舞台挨拶のマモ

12/23、新宿ピカデリーで行われた、「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!べリアル銀河帝国」の初日舞台挨拶に参加してきました。09:30の回と14:30の回は、上映後に行われたので、ネタバレ的なものが、バンバン入っていますので、まっさらな状態で見たい方は、スルーしてください。そして、記憶力にも自信がないので、順番とか間違ってても、大目に見てやって下さい。

09:30の回 上映後
登壇者の面子は、広報ブログのレポで確認をお願いします。
最初の挨拶
マモ「皆さん、こんにちは。ウルトラマンゼロの声を担当した、宮野真守です。やっと、かっこいいゼロを皆さんに見てもらえると思うと、嬉しくて仕方がありません。どうでしたか ? (会場から拍手) 僕も見させて貰いましたが、こんなにかっこいい映画、久しぶりに見た、という感じで、ヒーローって、こうあるべきだと思い、感動しました。皆さんにとっても、素晴らしいものになる事を願っています。ありがとうございます。」
ラン役の小柳さんて、マモよりも背が高いんですよね。マモより高い人が隣りに立っている図が、なんか新鮮でした。

皆の挨拶が終わると、ベリアルが登場。そして、ベリアルから皆を守る為に、ゼロとセブンも登場となりました。

45周年という事で、こだわったこととかありますか ?
監督「45周年だからこそ、新しいものを、と思って作りました。今回ゼロは、別宇宙の人達と、いかに助け合っていくことが大事か、というのをこだわりました。」

印象に残った出来事は何ですか ?
小柳「最後、石の上にズーッと座ってるシーンがあったのですが、その時の虫の数が半端なくて、大変でした」

前作に続いて、今回またゼロを演じての感想は ?
マモ「また、担当する事が出来て嬉しかったです。前作は不良で、聞かん坊だったんですよ。それが、ほんとうのヒーローになって、今回、全てを背負って、自分の意志で戦っていくゼロの姿を見て、嬉しかったです。」

ウルティメットフォースとして仲間が増えてましたが ?
マモ「今回、ウルトラ戦士ではなく、自分の知らない土地で、初めて会う人達と、絆を作っていく姿が、素晴らしいなと思いました。最後はお互いを認め合って仲間になるという、そういう成長が描かれる試みは、素晴らしいと思いました。」

ゼロにも挨拶をお願いします
マモ「よーし、いいぜー。これが俺たちの光だっ ! 楽しんでもらえたかいっ ? ? 」(もちろんゼロの生アフレコです)
マモゼロがこのセリフを言った時、小柳さんが、「ほんものだー、すげぇー」と、えらく感動してました。そして、明日はクリスマスという事で、サンタの格好をしたウルトラマンが登場。それに合わせて、ゼロが、「皆、いい子にしてたかー ? 今日はウルトラサンタがプレゼントを持ってきてくれたぜー。これからも、友達や家族を大切にして、いい子でいてくれよなー。約束だぜー」と、もちろんゼロのセリフで聞かせてくれました。

ここで、プレスに向けてのフォトセッションが行われました。なんか、動画も録っていたらしく、いつか流れるのかもしれません。

最後の挨拶は、小柳さんでした。
「僕と宮野さんとゼロ、3人が揃ったのが、初めてなんです。なので、3人が作り上げたゼロを、やっと見てもらえて、本当に嬉しいです。45年間続いてきたけれど、伝説はここから始まります。それをいろんな人に伝えてくれたら、いろんな人が感動してもらえると思います。この映画を、いろんな人に見てもらえるように、ご協力をお願いします。ありがとうございました。」

14:30の回 上映後
この回は、マモとちーちさん2人でした。
最初の挨拶
マモ「皆さん、こんにちは。ウルトラマンゼロの声を担当させて頂きました宮野真守です。公開初日、ほんとに嬉しいです。僕も見させて頂いて、胸が熱くなりました。憧れてたヒーロー像がそこにあって、最初から最後まで楽しんでみてしまいました。いかがでしたか ? (会場から拍手) ありがとうございます。ヒーローって、こうあるべきだなって思いました。今日は、僕たちの話しを聞いて楽しんでください。宜しくお願いします。」
ちーち「関智一でーす。こんにちは。私も宮野君と一緒で、子供の頃からウルトラマンシリーズをずっと見ていて、CGも発達して、ウルトラマン新時代で、ウルトラマンって空を飛べるはずなのに、地球では、バクテンして攻撃をよけてたのに、最近はCGで、後ろにサーっとよけられるようになりましたからね。子供の頃からの夢がかなって、いい時期に声優になったなって思ってます。僕はウルトラマンではないんですけども、昔のファイヤーマンを焼きなおしたグレンファイヤーをやらせてもらいました。」
マモ「オマージュした、、、」
ちーち「あ、そうそう、オマージュした、、焼きなおしたっていうと、使い古したって感じだもんね」
マモ「新しく生まれ変わった、、、」
ちーち「そうね、そういうことです。ありがとうございました」

今回、仲間が増えてのお気持ちは ?
マモ「まぁ、仲間はウルトラ戦士がずっといたんですが、前作は少し不良っぽくて、それだけでも、新しいヒーロー像だなと、、、」
ちーち「俺も、2回見に行ったんだよ」
マモ「ありがとうございます。」
ちーち「単なるウルトラファンとして、見に行きましたから、、早くゼロ、助けにいけよーー、って感じで」
マモ「プロテクターつけられてましたからね、なかなか行けなくて、、今回からは、自分の意志で、全てを背負って行く、というのに成長を感じて、、、今回は、別の宇宙の話しだから、、」
ちーち「怖いよねー」
マモ「知らない土地で、ウルトラの力も使えなくて、どんな風に戦うのかって感じだったんで、すごく大きくなったなーって、、そんな時に、グレンファイヤーに助けてもらうんですが、何故かこぶしで語り合って、、」
ちーち「そうそうそう、言ってる割りには即効やられてましたね」
マモ「あのシーンは、一緒にアフレコ出来て、関さんのアドリブが、、、」
ちーち「グレンファイヤーのセリフって、ほとんど僕のアドリブなんですよ」
マモ「びっくりしちゃいました。そんなに入れます ? みたいな。」
ちーち「でも、監督さんが寛大な方で、ほとんど採用してくださって、」
ちーち「お前、胸がピコピコ鳴ってるぞ、、みたいな。」
マモ「それも採用されてましたよね」
ちーち「全然台本になかったんですよ。やきとり ? みたいな、、適当に言ってましたからね。」
マモ「僕も、一緒にそのシーン撮ったので、感化されちゃって、戦うときに「あっちぃっ ! ! 」とかやったりとかして、、、」
ちーち「さすがにそれはなくなってたよね」
マモ「いや、それは残ってたんですよ。他はちょっとなくなっちゃいましたけど。いろいろ楽しかったです。」
ちーち「崩すに崩せないキャラだもんね」
マモ「そーなんですよ」
ちーち「以上です」

関さんはウルトラマンは、初参戦なんですよね
ちーち「ヒーローとしては初めてです」
マモ「でも、先ほどの話しだと、なんか、、、」
ちーち「ちょいちょい出てるんです。最初は、あんたのオヤジ、、」
マモ「セブンの事ですね ? ケンジじゃなくて ? 」
ちーち「ケンジじゃなくて、、ウルトラの方の、、、」
マモ「あぁ~」
ちーち「セブンさんに昔、平成ウルトラセブンシリーズっていうのがあって、そこにガルト星人で出て、八つ裂きにされました。」
マモ「あっ、うちのオヤジにですか ? 」
ちーち「オヤジ、意外と容赦ないんで、、、」
マモ「すみません」
ちーち「それから、ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟に、どうしても出たくて、アフレコ現場に直談判に行って、しょうがねぇな、という事になって、クレジットにも載ってないんですけど、ウルトラマンメビウスが出て来たときに「あっ、ウルトラマンだ」ってガヤで収録したんですけど、周りのスタッフは、どうして俺がやってるのかしらないから、音声さんが怒っちゃって、めだっちゃいけないのに、「あ、ウルトラマンだ」って言ったら、「あいつ、黙らせろっ ! て、、そういう思いをしながら、やっと今回、ちゃんとヒーローになれて、、」
マモ「いや、でも、すごかったです。監督と話ししてたんですが、頭、歌ってくださいって、当日急に言われたじゃないですか」
ちーち「言われた言われた」
マモ「それにも素晴らしく対応して、」
ちーち「歌 ? ? って思って、しかもヒーローが、、、なんか懐かしのアニメを彷彿とさせるようなね ? 」
マモ「歌ってましたね」

お気に入りのシーンは何処ですか ?
マモ「CMにもなってる、これが、俺達の光だっ ! っていうのが、めちゃめちゃかっこいいですよね」
ちーち「かっこいいねー」
マモ「皆の助けを借りて、蹴散らしていく、、憧れちゃいます、ああいうの。」
ちーち「僕が1番好きなのは、ウルトラの父を先頭に、「ウルトラマンゼロに、我等の光をー」
マモ「最初の、送り出す所の、、、」
ちーち「あそこが好きです。あれ、劇中では、最初の旅立っていく所ですけど、予告編だと、ゼロが戦っているところに、入るじゃないですか。あの、予告編の使われ方が好きです。あの予告、超いいです。すごく見たくなる」
マモ「ガルネクさんの曲がかっこいいんですよね」
ちーち「(ここでそのメロディをハモルちーちさん)」
マモ「どうしましたー ? 」
ちーち「歌詞がわからないので、メロディだけ、、、」
マモ「メロディもあってるかどうか、、」
ちーち「合ってる合ってる」

ここで、今回出演できなかった、ひろCと緑川さんの、レターメッセージが読まれました。マモがひろCの文、ちーちさんが緑川さんの文を読んでくれました。

最後のあいさつ
ちーち「ウルティメットフォースのチームにならせてもらったので、また、ゼロと一緒に活躍できたらいいな、と思ってます。特撮撮るのは大変ですが、皆様の応援が必要です。これからも、ウルトラマンゼロを、応援してください。宜しくお願いします。ありがとうございました。」
そしてここで、グレンファイアーの名ゼリフを披露
グレンファイアー「仲間ってのはいいもんだな、ファィアーーーーーッ ! ! 」
マモ「宮野真守です。今回は、ウルトラマンゼロ、ザ、ムービーなので、それが嬉しかったです。主役で、ゼロが活躍する映画、ほんとに楽しかったですし、皆と一緒に作ってるって感じがして、幸せだなって思いました。これからもこの繋がりを大事にして、またおもしろいものをお届けできたらいいなと思ってますので、皆さん、これからも、応援宜しくお願いします。今日はありがとうございました。」
ここでゼロのキメゼリフ
ゼロ「これが、俺達の光だーーっ ! ! 」
マモ・ちーち「ありがとうございましたー」

-その2に続く-

|

« 宮野真守「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 」初日舞台挨拶レポ | トップページ | 宮野真守 ライブDVD「WONDERING!」発売記念イベント開催決定 »

宮野真守 イベント・舞台関連 感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮野真守「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 」初日舞台挨拶レポ | トップページ | 宮野真守 ライブDVD「WONDERING!」発売記念イベント開催決定 »