« 宮野真守「009 RE:CYBORG」リピーター御礼イベントレポ | トップページ | 宮野真守 ドラマCD 「ライアー×ライアー」キャストコメント »

2012年12月24日 (月)

「009 RE:CYBORG」リピーター御礼イベントのマモ

12/22新宿バルト9で行われた「009 RE:CYBORG」リピーター御礼イベントのトークショーに参加してきました。
上映終了後、そして、リピーター向けという事もあり、ネタバレ何でもありの、監督と宮野真守による、和気あいあいとしたトークになりました。

最初の挨拶
マモ「メリープリクリスマス。忙しい中ありがとうございます。今日はリピート上映会という事で、久しぶりに皆さんの前でお話しできるのを楽しみにしてました。今日はよろしくお願いします。」
監督「いつもは一人だったので、男性が多かったのですが、今日は宮野さんも一緒で、女性が多いなと。そんな華やかな感じで、皆さんと楽しい時間を過ごせたら、と思います。恒例になりましたが、5回見た人 ?」
マモ「うわぁー、凄い ! ! すみません、あなどってました。」
監督「二桁見られた方」
マモ「すげぇーー」
なんと、最高は、19回を超えていました。
マモ「強者ぉーーーー ! ! ありがとうございます。」

上映開始から二か月たってどうですか ?
マモ「上映が開始されてから2ヶ月経って、皆さんの前に立てるってそんなにないんですよね。実は打ち上げがあって、僕は加速装置で駆けつけたんですが、スタッフさんとキャストの団結力をまた感じて、ステキなチームだなぁ、って感じました。」
監督「宮野さんはもしかしたら間に合わないかもと、みんながっかりしてたんですが、最後の挨拶に見事に間に合って、あぁ、なんか持ってるな、この人、、と思いました。」

原則と違った島村ジョーはどうですか ?
監督
「サイボーグだから歳を取らないんじゃなくて、精神的にはある程度歳を重ねていく、という人物として考えた時に、宮野さんのボイスはピッタリだったんですよね。」
マモ「高校生を繰り返しているという意味で、、、、人の成長って、記憶だと思うんです。いろんな経験を経て記憶を蓄積していくことによって、、僕自身もまだ、精神的には高校生って感じなんですが、いろんな経験をして、、、ジョーは、気持ちはフレッシュだけども、積み重ねられたものによって、混乱しているんじゃないかと思ったんです。本編のなかで、実は記憶が残ってるんだ、というのがヒントになって、やらなきゃいけない気持ちはあるんだけど、なんかとまどっていて、少し、愁いを帯びたジョーになっている。そんな印象を、台本読んだときに思ったので、フレッシュなんだけど、そこを強く意識しながら演じてました。だから、記憶が戻った時のジョーとの違いを意識しました。」

島村ジョーのお気に入りのシーンは何処ですか ?
監督「全部好きなんですけど、最後、制服を着る時の萌え袖のジョーが」
マモ「ハハハハハハハハハ、なるほど」
監督「あそこの萌え袖はちゃんとしてね、って、、」
マモ「女性スタッフからオーターがあったんですか ?」
監督「男のスタッフはダメなんだよ。あそこは萌え袖になってないと、、そこは、こだわりましたね」(客席は大拍手)
マモ「萌え袖どころか、僕はすべてを脱ぎさったフランソワーズ、、、あそこは衝撃でしたよ。台本読んだ時、ここまで本番いくんだと。どうしようかな、と思いました。」
ここは最初、フランソワーズは、服を着てたそうです。最終的には脱ぐ事になっちゃったんですけど、手違いで、スカートだけ脱げてるのもあったんだそうです。これにはマモも客席も大爆笑でした。
マモ「それ、誰かの趣味じゃなくて ?」
監督「それがあまりにも衝撃的で、下着より凄かったんですよ」
マモ「それは、破壊力ありますよねー。あっ、ジョーのシーンでしたね。やっぱり、加速装置でしたね。最初覚醒するときは、まわりがスローモーションだったけど、やっぱり、後半の早い方がかっこいいですよね。」
監督「加速装置は、この作品の代名詞でもあるので、ほんとにかっこいいですよね。」

アフレコの秘話はありますか ?
監督「今回僕は音響監督もやっていて、ブースとの間を行ったり来たりしてたんですが、その時、さすが主役の宮野さんで、設定の話しとか生い立ちの話しとかしてたらしく、こっちは必至でやってんのに、なんか楽しそうだなー、って、、マイクを開けたら」
マモ「ちょっと聞かれちゃって、、」
監督「はい」
マモ「恥ずかしいんですけど、皆でギュギュギュギュギュと、一致団結してやっていきたいと思ったので、009の話しをして、盛り上がれたらなぁ、と思ったんですけど、なんでスギちゃんの話しが、、、そこが良くわかんないんですけど、マイブームで、2回目のアフレコの時は、最初からそのテンションでいったら、ギルモア博士に、「早いよ、まだいいよ、疲れるから」って言われて、「すみませんでした」って、、、それからは、徐々に行こうと。あと、セルルックは、最初、不思議な感覚がありました。合わせるのに苦労しました」
監督「僕も初めての経験だったので、ブレスの間が、思ってたより早かったんです。最後は芝居優先でやってもらいましたが、、、」
マモ「不思議な感覚でした。」
監督「短いアフレコでしたが、濃かったですね。最初から、シリーズでやってきたような雰囲気で。もっとやってたかったなぁ、と思いました。」

続編の話しもありますが、、、
監督「皆さんの声があれば、、、宮野さん演じるジョーに、もっともっと付き合ってたいなぁ、というのが本音です。出番の少なかった人もいるし、、」
マモ「ピューマの活躍を是非」
監督「そうなんですよね。テレビシリーズとかになったら、悪ジョーをもうちょっと書きたいなぁ、と」
マモ「あらっ、、、加速装置するぜぇ―(何故かスギちゃんの物まね出た)」
監督「宮野さんのジョーをいろいろ書いてみたい気持ちはありますね」

監督「皆さんは、どんな話がみたいですか ? 」
客席からは、映画に行くまでの話しとか、宮野さんが演じるジョーの生い立ちが知りたいとか、彼の声が残っているので、映画のアフターストーリーが見てみたい、等々。ほとんど質疑応答のような形になってました。

マモ「あの最後のシーンって、凄く意味深じゃないですか。あれはイメージなのか、それとも続く世界があるのかっていう、、もし、今後描かれるなら、すごい興味があります」
監督「もし出来るなら、僕のイメージを今回のメンバーで集まってもらって、これから一番おいしいところが描けるんじゃないかなぁ、と思いますね」

最後の挨拶をお願いします。
マモ「今日はありがとうございました。今までは出来なかった、深く突っ込んだ話しができたので、とても新鮮で、2ヶ月経ったのに、愛してもらってる作品だからこそ、こういう機会が持てたのかな、と実感しました。僕自身この作品にかかわって、、、あれ、、、マイクが、、(なんかあまりマイクの調子が良くなくて、スタッフの人が、新しいマイクを持ってきてくれたのですが、マモは、マイク無しで挨拶続行) このRE:CYBORGの島村ジョーとして、もっともっといろんな気持ちを感じたいなって思いました。これからも応援、よろしくお願いします。ありがとうございました。(この、ありがとうございました、だけ、マイクを使って、ちょっとブラックマモを見た気がしました)」

ここで、司会の方がマスコミのフォトセッションをすっとばしていた事に気づき、急きょここでフォトセッショをやるというハプニング。
そして、こんどこそ、監督による挨拶。
監督「今回は宮野さんと一緒に、楽しい時間を過ごさせて頂きました。少しでも楽しんで頂けて、クリスマスプレゼントになったらいいな、と思います。毎回足を運んでくださるみなさん、ほんとうにありがとうございました。

マモ・監督「ありがとうございました。」

なんか、穏やかに時間が流れていくような、そんなトークショーでした。
こうなってくると、是とも続編を見たいな、と、期待してしまいます。
あの制服を着る時のジョーは、何回見てもゾクゾクするくらい興奮します。マフラーのバサーッがツボ過ぎます。

|

« 宮野真守「009 RE:CYBORG」リピーター御礼イベントレポ | トップページ | 宮野真守 ドラマCD 「ライアー×ライアー」キャストコメント »

宮野真守 イベント・舞台関連 感想」カテゴリの記事

コメント

しゃらさん


こんにちは♪
いつもコメント、ありがとうございます。
私も、モノクロ時代から009は好きなので、作品ごとにいろんなジョーが見られて嬉しい限りです。萌え袖も確かに萌えましたが、私はマフラー、バサーーっが、一番ドキドキしちゃいました。何を話してもOKというのが、やっぱり一番いろんな話が聞けて良かったです。
EDも、どうせならマモの歌で、、と、私も思いました。是非続編も、と期待してしまうような内容でしたよね。(いろんな意味で)
「彼の声」の正体だけは、ちゃんと知りたいな、と思いました。
にしても、やっぱり00サイボーグ達は、制服が一番かっこいいな、と思いました。

投稿: きば | 2012年12月26日 (水) 03:26

イベントお疲れ様でした〜そしてレポートお待ちしておりました!
自分も行ってたのに…とてもとてもこんなに詳細に覚えてない(^^;)。登壇した瞬間にあまりにも予想より近くて…えっ真正面!?…でもう真っ白(笑)。
いままでに特別試写会、初日舞台挨拶(横浜・渋谷)と009についてのお話は聞いてきましたが、より一層踏み込んで、そしてジョーについての話をたくさん聞けてすごく嬉しかったです。昔から009…特に島村ジョーが好きだったので、フランソワーズとの例のシーンは、オールドファンにとってはより一層の衝撃でした。一番キャラが変わってしまっているのがフランソワーズなんで…さらにあのシーン…あれだけはちょっと見るのがツライ…(^^;)。
本編のエンディングは自分の中でマモちゃんの歌声を重ねて聴きました…歌乗っかってても良かったのに?なんて。
トーク楽しかったですね♪“萌え袖”からの“加速装置”で「もえますね〜。いや、違うよ、火ヘンの方のね…」そんなマモちゃんに萌えますwww

投稿: しゃら | 2012年12月24日 (月) 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮野真守「009 RE:CYBORG」リピーター御礼イベントレポ | トップページ | 宮野真守 ドラマCD 「ライアー×ライアー」キャストコメント »