« 「スタードライバー THE MOVIE」大阪舞台挨拶のマモ | トップページ | 「うたプリ アイドルソング」 店舗別連動特典決定 »

2013年2月25日 (月)

「スタードライバー THE MOVIE」横浜舞台挨拶のマモ

2/10、初日明け2日目、横浜ブルク13で行われた「スタードライバー THE MOVIE」舞台挨拶に行ってきました。
さかのぼり日○史ならぬ、さかのぼりマモイベという事で。
この日は、マモとじゅんじゅんと副部長のぬいぐるみを持った大藪P3人の登壇でした。

最初の挨拶
マモ「颯爽登場っ ! 銀河美少年です。宮野真守です。今日は宜しくお願いします。」
福山「それでは皆さん、綺羅星っ ! ! シンドウ・スガタ役の福山潤です。宜しくお願いします。」
大藪P「インフルエンザでお休みしている監督の代わりに来ました、大藪です。」
この時、プロデューサーが持っていた副部長のぬいぐるみが、スガタが被っているのと同じ仮面をつけていて、、
マモ「副監督がおかしなことになってますよ。キング副監督。」
福山「副監督キング」
マモ「タクト、タクト、タクト、タクト、タクト、、、」(クライマックスシーンのスガタのセリフ)

公開を迎えてどうですか ?
マモ「TVシリーズから愛情込めてやってきて、劇場版をやっと皆さんに届けられて、皆さん、ほんとに本当にありがとうございます。僕たちが毎週青春を感じながらやってきて、劇場版では、仲良し3人組の想いが溢れていて、スタードライバーの本質みたいなものを見せられたのがとても嬉しかったです。」
福山「宮野の言うとおり、その時その時の想いを叩き込んでやってきて、感想とか聞きたいですよね」

作品の中で、ここが青春だ、と思うところは何処ですか ?
マモ「僕はワコの事を思いながら、タクトを演じてきたんですが、劇場版を、試写会で、お客さんの立場で見たとき、スガタの想いをビンビン感じて、、」
福山「感じましたか」
マモ「凄くクールでかっこよくて、タクトは憧れ目線でスガタを見ていたんだけど、劇場版を見た時、ずっと、頭から嫉妬してんじゃねぇか、このやろー、と、、ファーストキスはもう体験済みかな ? とか、チクチクチクチク、、そして最後にはなぐり合うという、こういう3人の関係も青春だな、と思いました。」
福山「結局、ケイトの所も、いけそうでいけない、、、なんかね、、、青いんだよね。」
マモ「まぁ、スガタは青いですけど、、、あっ ! ! やばいっ ! ! 。今回の舞台挨拶、昨日からずーっと一緒にいるんですよ」
福山「そーだよ」
マモ「で、楽屋とか、移動中のバスの中で、ダジャレをかましてくるんですよ。「今日は、9nineはいないんだな、とか、ずーーーっと言ってくるんですよ。今僕、それに毒されてたんでしょうね、スガタの姿は青い、とか、自然に言っちゃいましたよ。」
福山「君の青さがでたんだね」 (客席大爆笑)

ここで、インフルエンザで欠席した監督からのメッセージを大藪Pが読み上げ、そのメッセージの中で、「颯爽登場、銀河美少年、タウ・バーン」のセリフを、振り付きで、お客さんと一緒にやってほしい、という、ムチャ振りがあったのでした。

マモ「まず、僕らがお手本をみせますね。「颯爽登場、(お尻を)プリッ、バンッ ! 銀河っ 美少年っ ! シュ~ン、、タウ・バァァァンッ ! ! デンテケデン」
そしてその後、客席全員と、この振りをやったのでした。
マモ「監督ーーーーっ ! ! やったよぉーーーーっ ! ! 」

あらためて、ここが見どころ、というシーンは何処ですか ?
マモ「今回、ワコの新曲が流れる所で、仲良し3人組がどんな風に過していたのか、とかが描かれていて、作画も綺麗で、幸せだなって思いました。」

最後の挨拶
福山「こうして皆さんに見て頂けたのが幸せです。彼らの物語は続いていくので、それを応援して頂けたら、ほんとに嬉しいです。皆さん、ありがとうございました。」
マモ「僕にとって、大事な作品で、まず監督に、「新しい宮野を見せてくれよ。」って言われて、凄くプレッシャーだったけど、全力でぶつかっていこうと思ったし、福山さんからも「ガッツリ宮野とやりたかったんだよねー」って言ってくれて、思わず「お兄ちゃんっ ! ! 」て、、、」
福山「そうだね」
マモ「ここまでしてもらって、本気でぶつからなかったら、男じゃないし、良い作品にできたらいいなと臨みました。これからも、スタードライバーを宜しくお願いします。今日はありがとうございました。」

|

« 「スタードライバー THE MOVIE」大阪舞台挨拶のマモ | トップページ | 「うたプリ アイドルソング」 店舗別連動特典決定 »

宮野真守 イベント・舞台関連 感想」カテゴリの記事

コメント

しゃらさん


こんにちは~♪
またまたの訪問、コメントをありがとうございます。マモとじゅんじゅん、ほんとに仲良しでしたよね。じゅんじゅんが、1度マモとガッツリ組みたかった、って言ってくれたのが、めちゃめちゃ嬉しくて感動しました。
あのEDから映画の冒頭シーンに、いったいどう続いていくのか、とか、スガタのそばにいたちっちゃいザメクは ? ? などなど、気になる謎はいっぱい残ってるので、また何かの形で見られたらいいなぁ、と思っています。

投稿: きば | 2013年2月28日 (木) 00:47

きばさん、こんばんは!
横浜編、ありがとうございます♪そうそう、“副監督”が回を追うごとにグレードアップしていったんですよね(^-^)。初回のさいたまでは“素”のままだったのが横浜ではキングに。
そして「颯爽登場、銀河美少年、タウ・バーン!!!」のあとに“実写版”の下りでしたね。
神奈川シリーズは福山じゅんじゅんとマモちゃんの仲良しっぷりがすごくステキでした。「宮野」って呼ぶのがよけいに親密な感じで。
楽しかった時間が甦ってきました〜(^▽^)♪

投稿: しゃら | 2013年2月25日 (月) 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「スタードライバー THE MOVIE」大阪舞台挨拶のマモ | トップページ | 「うたプリ アイドルソング」 店舗別連動特典決定 »