« 知ってました? | トップページ | 4/13「アニスパ」ゲストのマモ 後半 »

2013年5月 2日 (木)

「テニスの王子様 ドリームライブ2013」のマモ

4/29に横浜アリーナで行われた「テニスの王子様 ドリームライブ2013」を観てきました。
ちなみに、私はテニミュと言えばアニメであり、コミックしか知らないので、舞台のテニミュファンからみたら、そこは違うだろ、という点が多々あるとは思いますが、その辺は大目に見てやろってください。歌もほとんど知らなかったし。
以前見たのは、しゅんりーと出て、ダブルスをやった時以来なので、、、
私はスタンド席だったので、学校ごとにペンライトの海の色が変わるのが、ウットリするほど綺麗でした。
あのペンライトの波を見ているだけで、私までテンション上がってしまいそうになってしまいました。

私は「司会」という言葉で一つにまとめてしまってますが、一人は本当の司会者で、後一人は脚本家(?)だったのかな。すみません、はっきりわからなくて。

マモの登場は、丁度、前半から後半にいく、その中間て感じでした。いきなりMCと名乗る方が出てきまして、テニミュが今年で10周年を迎えるんだとか。そこで、マモの登場となったのでした。宮野真守演じるキャラは、最初、頭に手ぬぐいは巻いていなくて、不動峰のジャージだけ来ての登場でした。
紹介される前に、何故かしゅんりーの話題が出て、その頃はアゴーズと呼ばれていたそうで、ならば、あの人を呼ばずばなるまい、という事でマモの登場となったのでした。

マモ「ちょいちょいちょいちょい、あのね、思い出し方がおかしい。なんでアゴ ? 」
司会「まぁまぁ一言どうぞ」
マモ「なんか、僕が原点という事で呼んでもらったんですよね」
司会「その頃のVがあるので、客席の皆にも覚えて帰ってもらいましょうよ。」
マモ「20歳の頃、、やだなぁ、やだなぁ」
Vは、マモが波動球なるものを打つシーンと、前々回のドリライで歌った「誰でも♪誰でも♪一つや二つ、弱点はある~♪」の部分が、しっかりとビブラート付で流れました。(ここのマモの歌、大好きです)
司会「そんないい声で歌うキャラじゃないんだよ」
マモ「そうだよね。ちょっと恥ずかしかったねー。いやぁ~初々し過ぎるでしょ。20歳。」
司会「なんか、その頃の思い出はありますか?」
マモ「初演の不動峰の曲って、曲がキャッチーで、覚えやすかったです。「スポットを狙え~♪」、とか、「それは一瞬の時の狭間~♪(なんか、誰かの物まねをしながら歌ってたみたいなんですが、残念ながら、私にはわかりませんでした。)」
司会「七色の声を持つ男。物まねをよくやってましたねぇ。ビクトリーとかね」
マモ「あぁ~、VICTORY(ブイアイシティーオーワイアイ)」
司会「古い人の話ししか出てこない」
マモ「古い人の話ししかわからない、、、失礼でしょ。でも、その頃から始まって、怒涛の展開」
司会「初代の卒業公演の時は、当日3000人くらい並んだらしいですよ。で、涙の別れをしたのに、実は結構皆残ってたよね。」
マモ「僕も留年しまして、日変わりで氷帝とかに出させて貰って、、後、ドリームライブとか、、見た ? なんか、自由にどうぞみたいに言われて、ふざけたことばかりやってました。 」
司会「あの頃は芸達者な人が多かったから、「石田、そこで気の利いた事を言ってください」みたいに書いてあるだけで。」
マモ「ズルいでしょ ? 試練でしたね 」
司会「あのー、石田の、名ゼリフとかきけたら嬉しいんだけど」
マモ「実際やってみますか。波動球 ! ! ! 俺が、ガンダムだ ! ! ! 」(客席大うけ)
司会「今の何 ?」
マモ「僕は新時代の神になる ! ! セブンの息子だっ ! ! !」
司会「あの、宮野さん宮野さん、何が変なのが聞こえたんだけど、、ウルトラマンとか、、、にしても、宮野さん、汗かきすぎ。ちょっと、タオルタオル」
ここで出てきたタオルで、汗ふく振りして頭に巻くという、にくい演出。
マモ「あれ、手が勝手に、、、、」
と言いながら、しっかりと、後ろから差し出されてきたラケットを手に取るマモ。
マモ「あれ、ちょっと石田っぽくなってない ? 」
司会「宮野さん、それは石田ですよ。ここでじゃあ、一曲歌って貰いましょう」
マモ「いや、俺は今日、歌わないって聞いてるから、、、」
司会「皆、歌ってほしいよねー」
もちろん曲席の声援は物凄かったです。
マモ「いや、歌えるわけないじゃないですか、10年前の曲なんて、、、歌えませんてば ! ! 」
といいつつ、なんかラケット振る仕草したりして、おまけに前奏曲まで流れてきてしまいました。私は一体何の歌なのか全然わからなかったのですが、、そうなったらもちろんマモなので、真剣さとギャグを織り交ぜて歌ってしまうという、、、
「思い出そう、あの時、半年前のあの日、2年との試合で勝利を収めたのに~~♪思い出そう、あの時、半年前のあの日~♪」みたいな歌詞で、卑劣な先輩がどうの、橘さんがやってきて、おぼっちゃまにはわからない~云々みたいな歌を歌ってました。
分かる人は凄い悲鳴で、一緒に歌ったりしてましてが、私にはまるで聞いた事のない歌でした。
歌って退場する時「これからもテニミュを宜しくお願いします」と言っていたのが印象的でした。
退場する寸前まで「バイバイ」を繰り返していて後から出た出演者の裏話では、マモはほんとにおもしろい存在だったらしく、出演者のほとんどが口を揃えて、面白くて楽しい人だった、って言ってました。
マモはいくつになってもマモで、どんな時でもマモなんだなぁ、と、しみじみ思いました。

|

« 知ってました? | トップページ | 4/13「アニスパ」ゲストのマモ 後半 »

宮野真守 イベント・舞台関連 感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知ってました? | トップページ | 4/13「アニスパ」ゲストのマモ 後半 »